サービスの意味

去年買い換えたばかりのオーブンが壊れた。
休暇で日本へ向かう直前だったこともあり、そのままにしてあったが、さすがに妻が不便だとぼやくので修理に出した。

当初は修理専門の業者を探していたが、あいにくアパートの周辺ではそういった店が見つからず、また同僚などに聞いてみても今一つ情報が得られないままだった。
そういった店を先ず探したのは、正規の修理に持ち込むより安くつくだろうと考えたからだが、探しまわる労力を考えたら割にあわない気もしてきた。

日本のように、購入した店で修理の取次ぎをしてもらえることは少ない。結局、メーカーの正規サービスセンターを探し出して持ち込んだ。
買ってまだ1年も経っていないが、領収書を紛失したため保証無しの扱い。
にもかかわらず、担当者は工賃の50リヤルだけを受け取り、交換部品(タイマーがいかれていたらしい)の代金は要らないという。

妻は「今度何か家電を買うときはこのメーカーにしましょうよ」とごきげんだった(笑

そう、こういうちょっとした対応が客に与える印象を大きく左右する。初めての客なら尚更だ。インド人と思われる担当者はその辺りをちゃんと心得ていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top