状況

カタル内務省は9/1から3ヶ月間限定で、ビザの期限切れなどの「不法滞在者」に対して、即刻退去を条件にすぐに名乗り出れば罪には付さないという免除措置を発表。通常は不法滞在は発覚すれば一時勾留される「罰則対象」であるが、それが免除されるということで、かなりの数の申し込みがあった模様。  現在、湾岸諸国周辺は長引く石油価格下落と各地の内戦・戦争によって、見た目以上に疲弊しているのが実情だ。そんな中で現状を見限って出て行く者や、突然の減給や解雇によってローンを返せなくなり夜逃げのように出て行く者がいる一方で、国にとってメリットのない低レベル労働者の追い出しも同時に進行している。

あと数年はこういった状況が続き、出稼ぎの顔ぶれも相当入れ替わることと思われる。

Hundreds of residents line up to leave Qatar as amnesty begins

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top