話を盛る人たち

メディアで有名な評論家?が「自分は特別な許可を得てサウジアラビアに2度入国した」などと言っていたらしい。

はて?サウジアラビア自体に入国するのは、ムスリムでなくともビジネスビザを取得すれば誰でも可能なはずでは?

中東やアラブ、特に湾岸アラブ諸国に絡んでくるような人たちは、どうも彼のように「自分だけは特別」というアピールをするのに必死だ。曰く「現地では地位の高いローカルとしか付き合いがない」だの「普通の人は入れない場所に入れてもらえる」だの。話を盛りまくる、そういう人に限って口八丁手八丁で、具体的に何をしているのか、何か成し得た人なのかサッパリ分からないことが多い。

湾岸諸国では一部のフリーゾーンを除けば、外資系企業が現地法人を立ち上げたり、個人が店を出したりするのには、現地ローカルのパートナーが必須になる。つまり現地ローカルとの共同出資でなければ登記自体ができない仕組み。また現地ローカルがオーナーの企業が外国企業と提携する場合でも、基本的にはBtoBでのやりとりなのだが、外国企業側は湾岸諸国でのビジネス経験に関して浅いことが多く、そこを突く格好で「コンサルタント」が暗躍している。

現地企業が最終的に結ぶのは相手企業との直接契約のみ。つまりコンサルタントを通じて商品やサービスのやりとりをすることは一切ない。そこで彼らは仲介役を申し出ることで、双方から「コンサルタント料」という名目で利益を得る。具体的には外国企業に現地企業を紹介するのが基本的パターンだが、その際に「企業オーナーの王族と知り合い」だといったような話を持ちかける。殆どの場合それは嘘だ。そもそもオーナーであるローカル(王族に限らず)は直接ビジネスには携わらない。彼らは名前を貸すだけで、実際の業務はスーダン人やパレスチナ人などアラブ系外国人をGMなどに据えて、彼らに丸投げしているのが実情だ。

だから、仮に彼らの言う「王族との繋がり」が実際にあったとしても、現場を仕切るのはその下で働くアラブ系であるため、彼らとの交渉が出来なければビジネス自体が成り立たない。コネでことが進むほどビジネスは甘くはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top