カメラの話

普段持ち歩くカメラ、最近はFujifilm X70でほぼ一定している。
コンパクトで邪魔にならず、起動にややもたつくが、ササッと撮るにはちょうど良い。
画質は文句なし。ふらりとレストランで食事となっても、寄れるレンズでテーブルフォトもこなせる。

しかし、同じFujifilmのX-Pro2の写りをみてしまうと、どうしても2400万画素と1600万画素に差が見えてしまう。厳密にはセンサー画素数と処理エンジンの相乗効果による差だ。また開放でF2.8のレンズは夜のスナップでは苦しい場面も少なくない。

後継機が出るなら欲しいと思っているのだが、なかなか噂も聞こえてこないし、むしろX-E3などが出てきたことで絶望的な気分にさえなっている。

X100Fも考えないことはない。だが、あのレンズの描写、開放付近で最短距離に近いゾーンでは画が滲む、というのがどうにも好きになれない。同じ理由でXF23mmF2も寄れるからこそ手に入れたのに、あまり寄りたくないという感じになってしまっている。

ここはFujiを諦めてPanasonicで行くべきか。
幾つかの機材を買うために、Lumix GM1と単焦点を売ってしまったことを今更ながら後悔しているのは確かだ。
GM1とLumix G14mm、あるいはM.Zuiko 25mmは良い仕事をしてくれていた。寄っても滲まない描写は、ややデジタル臭さがあったものの、自分の好みには近い画を出してくれた。

しかし、そのGM1のラインナップももう存在しない。GFシリーズに吸収されたような格好だが、可動式液晶を持ったGFにはGMが持っていたシンプルさを感じない。

そういえば、リコーがGRデジタルを復活させるのではないかという噂も聞いたな。
しかし、眼に見えないほどの細かな砂埃が常に舞っているここでは、可動部分はできるだけない方が良いわけで、沈胴式レンズのGRを持ち歩くのは少し不安が残る。

なかなか、これだというカメラがない。
などと愚痴っている暇があったら、写真を撮るべきなのだ。実際のところは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top