マジリスの掟

昔、メンバーの大半が独身かつ5060代以上というちょっと風変わりな集まりに加わっていたことがあった。

もちろん集まってくる顔ぶれの殆どがカタル人だ。

基本的には同じルーツを持つ部族に属する者たち。こういった集まりをここでは「マジリス」と呼ぶ。

そのじーさんばかりが集まるマジリスでは、毎週決められた日に夕食を作って皆で食べる習わしがあった。

食事会には周囲に住む出稼ぎたちも自由に参加できたため、時間が近づくと彼らもマジリスの中へ入って待機する。

ある日のこと。そんな出稼ぎの一人が私の隣に座った。その時、私は奥の方にある長イスに座っていた。台所のすぐ近くだから、このマジリスで言えば末席のような場所だ。

直後、はす向かいに座っていた巨漢じーさんが、おもむろに立ち上がると出稼ぎに向かって、

「すまんの、わしゃそこに座りたいんじゃ、どいてくれんか」

そういって席を譲らせた。じーさんが窮屈だろうと私も立ち上がろうとすると、

「お前さんはいいんじゃ、そこに座っとれ」

みんなが「どうしたんじゃ?」と聞くと、じーさんは「いや、こっちのイスのほうが広いじゃて」と答えていたが、本当は違う。

なぜなら、どの長イスもサイズは同じ。

じーさんは暗に「タケシより上手に座るとは何事か」と件の出稼ぎを牽制したのだ。

出稼ぎは事情をよく飲み込めないような顔をしながら、マジリスの更に端へと移動した。

こういうと、アジア人蔑視だの、出稼ぎへの差別だのと、事情も知らずに騒ぎ立てる人がいる。しかし、マジリスの中にもそれぞれに立場があり、許されること、許されないことがある。それは上座下座という考え方を持つ日本も似たようなものだろう。

ここでいう立場とは、人種や国籍ではなく「そのコミュニティとどの程度関わっているか」で決まる。この場合は、マジリスとの関わりの問題。マジリスでも中心にいるメンバーの紹介でやってきて、ほぼ毎日のように顔を出し、時にじーさんずのワガママな頼みを聞いている私の方が、より深く関わっているということ。

実際、同じ出稼ぎでも私より古くからこのマジリスに出入りしている者なら、同じような行動をとっても睨まれたりすることはない。

ここの社会においては、立場をわきまえるということは最も大切なこと。

ましてや、相手が年上ならば、気心知れるようになるまでには、相当な時間と労力が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top