休息

 

台風のせいで思った以上に長居をしてしまった。

来週の今頃はパタニの村でのんびりと田舎暮らしに身を置いているはずだ。

自分にとって、日本もカタールもタイも「戻る」場所。数年後のことは判らないが、今はまだどこか一つを居場所として選ぶことは出来ない。家を建てたタイの片田舎を終の棲家と決めてはいるが、それとて確かな未来ではないだろう。

約一ヶ月の日本滞在。その殆どを実家で過ごした。

日本を飛び出す前まで住んでいた借家は、大家の不条理な行為によって立ち退きに。

両親は隣町へと引っ越し、そこへ毎年足を運ぶようになって10年が経つが、1年を通じて四季を感じながら暮らしたわけでもないその家に、私は実家という感触を持てないままでいる。

とはいえ母の顔を見ればホッとする。同時に側にいてやれない親不孝な自分を呪う。

滞在中に親しい人が何人かこの世を去った。別れのもたらす突き放すような感覚には慣れていたつもりだったが、もう二度と会えなくなったという事実が、自分が思う以上に心を押し潰そうとしている。

この景色を目にするのはこれが最後かもしれない。そう思いながら、私は明日また飛び立つ。

いつものことだ。

 

日本を飛び出して20年目を迎える前に、今いる場所へと至る遠い過去の記憶を掘り起こす機会を得た。

若かった。後先考えない自分がいた。

それでも、何ひとつたりとも後悔することは、記憶をたどる中で見つけることはできなかった。

 

あぁ…。また長くて短い1日を積み重ねていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top