日常という不思議

12日間の短い休暇も終わってしまい、ドーハで日常生活へと戻った。 相変わらずの暑さと埃っぽい空気にげんなりしつつ、自分はこの国、この街で生きているのだという実感に満たされている。 いつか、運が良ければ、かつて日本という国 […]

もっと読む →
忘却の果て

タイの深南部はパタニ県にある妻の村へ帰省している。毎年恒例でラマダーン明けのイードを過ごすためだ。 村ではジジババたちから大歓迎を受け、姪っ子たちのマレー語口撃に面食らいつつ、行く先々で美味しいものをたらふく食べて、とい […]

もっと読む →
重なる文化

イードの休暇を利用して、毎年ラマダーン月の最終週にタイの村へ帰省する。 妻が生まれ育ったその村は、マレーシアとの国境まで40kmのところにある。村を縦断する対面通行の道路の左右にはゴムの木などの農園が広がり、その切れ間に […]

もっと読む →