月別アーカイブ: 2019年1月

イスタンブール紀行 (4日目)

4日目は木曜日に時間切れで入れなかったトプカプ宮殿へ。 ホテルを出たところでニャンコにおはようの挨拶。毛づくろいに忙しいのか目線をくれない。あくまでもマイペース。 トラムの通る道を横切り、アヤソフィアの前を歩いていく。こ… 続きを読む »

イスタンブール紀行 (3日目)

3日目の朝。ホテルの朝食は相変わらずのメニュー。それでも美味しく頂く。 あのシリア難民を名乗る人たちの姿を思い浮かべれば、その真偽はともかくとして、赤の他人に集るという、おおよそ人として耐え切れない恥を忍ぶ行為に及ばなけ… 続きを読む »

イスタンブール紀行 (2日目)

日の出はなんと8:30。3年ほど前まではサマータイム制度があったらしいと聞いたが、さもありなん。 でもおかげで寝坊しても、最上階の食堂で朝日を観ながら食事が楽しめる。 午前は買い物。とにかく寒い。雪が舞ったという先週に比… 続きを読む »

イスタンブール紀行 (1日目)

初トルコ。というか、妻と二人で旅行に出掛けること自体、これが初めてかも。「これって、ハネムーンだね」と笑う妻。 そんな浮かれた気分に肘鉄くらわすかのように、いきなりの機材トラブル。沖からプッシュバックした直後に止まったか… 続きを読む »

旅の空の下で

もうじき旅に出る。 たったの5日間だが、旅は旅だ。 バーゲンを狙ってチケットを手配し、ホテルを何度も変更しながら気に入ったところを見つける。スーツケースを引っ張り出し、新しく買った服と少しのお土産を詰める。 初めての街は… 続きを読む »

それぞれの立場

去年の夏過ぎ、同僚だったエジプト人が解雇された。 元々がトラブルメーカーだったが、大事な全体会議のある日に寝坊で無断欠勤した挙句に、上司に「部下が出勤してこないのに、心配して電話してくるのが当たり前だろ」と食って掛かった… 続きを読む »

何者であるか

金曜日のマジリスで時折顔を合わせるイラン系ブルチスタン人。 私のカタール人友達の経営する店で彼は働いている。客の一人として食事に招待されたというよりは、週末の休みの時間にまで仕事で呼び出され、ついでに飯でも食べていけとい… 続きを読む »

税制の試験導入

2019年1月1日より新しい税制が始まった。 Cigarettes and sugary drinks become dearer タバコおよび炭酸飲料、栄養ドリンクに50〜100%の税金が課せられる。具体的にはタバコと… 続きを読む »

年の瀬、年初、あるいは普通の日

2018年が終わり、2019年が始まった。 でも、この国ではそんな区切りは存在せず、ただただ普通の日として過ぎていく。 新しい会計年度が始まり、銀行は調整のために一斉に窓口業務を停止している。 それでも、今日はいつもと同… 続きを読む »