何かを選び、何かを諦め

最終更新日

知り合いのタイ人が転職先を探しているらしい。

という話を妻から聞いたのは確か3,4年前だったでしょうかか。それから暫くはおとなしくしていたのですが、どうやら最近になってまた熱が上がってきた様子。

タイの教育機関との繋がりから、彼はうちの職場の幹部と何度か顔を合わせています。どうやらそこに一縷の望みを託しているようなのですが、「いきなり頼み事を切り出すのは気が引ける」と。

確かにその通り。そして、頼み事だけしに来る人間というのは、ローカルが最も嫌う相手の一人。

とはいえ、彼が望む現地政府系の仕事は、今やコネ無しではまず見つからない難関です。

コネを得るためにするべきこと。それは「人と会うこと」に尽きます。用がなくても「近くまで来たから」と顔を出し、運良くマジリスに呼ばれれば顔を出し、足を運ぶ時間がなければ電話をかける。「挨拶したかっただけ」でも十分に理由になるのです。

用もないのに電話をかけるなんて、日本人ならまず思いつかないし、タイ人でも「それはちょっと失礼では…」としり込みすることでしょう。

しかし、この国ではそれは無用な遠慮。3日も会わなければ「お前は友達じゃないのか?」となじられるような社会です。チャンスがあるなら、ガンガン踏み込んでいけば良い。

ただし、本当に深い人間関係を求めるのなら、その他のコミュニティとの関係は諦めなければなりません。つまり、同郷人との付き合いはほぼ絶望的になるということ。時にはローカルとの関係を同郷人たちから嫉妬の目で見られることもあるのです。

政府系のような高待遇の仕事にありつこうと思うなら、払うべき対価もそれなりに、ということですね。