ランチ

投稿者: | 22/10/2019

一ヶ月半の休暇を終えてドーハに戻ったのが金曜日の深夜、というよりは土曜日の早朝か。バンコクからのフライトが遅れたり、久しぶりのロストバゲッジなどもあったりで、予定よりも数時間ずれての帰宅でした。深夜着便は気持ち的にも少し耐性が落ちつつある年頃なので、出来ることなら太陽が顔を出している時間帯に到着したいのだけれど、バンコクでの乗り継ぎ時間を考慮するとどうしてもこの時間帯になってしまいます。

ここ数年、戻ってきて最初のランチは二人で外食するのが定番。毎回どこにしようか迷いますが、今回は妻からのリクエストで、Mall of Qatarの中にある”Ocean Basket“に即決。

実は妻が帰省している間に、友達と一度足を運びました。妻から下見をせがまれたのが、まぁ理由ではあったのですが。

その時に感じたコスパの良さは、今回も同様。
手始めに生牡蠣(6個)と海老フライ、メインはパエリヤ風、白身魚とイカのフライ、海老のバターグリル、〆にハルーミーチーズのグリル。モクテルをそれぞれ頼んでも合計200リヤル(約6,000円)

他のレストランで同じような内容なら300リヤル以上はするような気がします。

ということでリピ確定。
次回は寿司メニューを試してみましょうか。