二国間郵便業務の再開

最終更新日

2017年6月5日に突如としてサウジアラビアやUAEなど4カ国による「対カタール断交」が始まってから、先日でとうとう1000日が経過しました。

断交が始まって直ぐにカタールと各国の間の航空路線が全て停止になり、物流もストップ。当然ながら郵便物なども取り扱いがなくなってしまいました。

そして、今月初めに流れたこんな噂。

UAE restores postal services to Qatar after more than 2 years

I love Qatar

UAEがひっそりとカタール向け郵便の発送を再開しているというもの。

上記の記事が出た時点で、両国の郵便当局は問い合わせに答えておらず、実際に公式として再開がなされているのかどうかは不明でしたが、数日前にサウジアラビア、エジプト、バハレーン各国もカタールとの郵便業務を再開したとのニュースが入ってきました。

Saudi, Egypt, Bahrain resume postal services to Qatar after years-long freeze

I love Qatar

元ネタはロイターが報じたこちら。

Saudi, Egypt, Bahrain to resume Qatar post services despite dispute

発表は1月に関係各国と国連郵便機関との間で執り行われた会議の後ということで、どうやら業務再開は公式に確認された模様。

この動きが、断交の終結に繋がるのかどうかは微妙なところですが、ハッジの季節が近づいている事も合わせて、何かしら吉報が届くことを期待したいですね。

福嶋タケシ

シェアする