マスク着用義務

最終更新日

3月22日に開かれた閣僚会議で、マスクに関して新しい規則が定められました。

3月26日の日曜日以降、食料品店に入店する際にはマスクの着用の有無が確認され、未着用の場合に店側は入店を拒否することが可能になります。また店内でもマスクは常に着用することとされて、もしこれらに従わなかった場合は「感染拡大を狙った犯罪」として、3年以下の懲役および200,000リヤル(約600万円)以下の罰金が課せられます。

マスクは現在のところ、国指定の薬局にてIDカードを提示する形で、1人あたり20枚入りを1箱40リヤルで買うことが出来ます。またカルフールなど大手ハイパーマーケットでも入荷のタイミングによりますが、1箱50枚入りのものが119リヤルで手に入るようです。ルルでも以前は50枚入りで73リヤルのものが売られていましたが、現在はサービスカウンターにて1人に1箱の販売になっているようです。

気をつけたいのは、薬局で売られているものでも、時折粗悪品が存在する点です。前後2枚合わせで中にフィルターが入っていない商品が出回っています。箱には3層と明記してあるのですが…。

サニタイザーも一部では商品棚にぎっしりと並んでいるところもあれば、レジで1個ずつ売っているところも。既に国内生産体制を整えているらしいので、来月あたりにはどこでも簡単に買えるようになるかもしれません。

福嶋タケシ

シェアする