規制緩和のプラン発表

最終更新日

6/8夜の危機管理委員会による記者会見で、今後の規制緩和について具体的な発表がありました。

第1フェーズ 6/15-
一部モスク再開、但し金曜礼拝はグランドモスクのみ。
モール内一部店舗再開、店舗面積300平米以上限定、客数は30%以下に制御。
レストラン再開、社会的距離を考慮したレイアウト必須。
職員の20%のみ出勤を継続。

第2フェーズ 7/1-
公園およびビーチ再開。モール全店舗再開、但し30%入店制限は続行。
10人以下の集会を許可。
職員の50%が職場復帰。

第3フェーズ 8/1-
54軒のモスクで金曜礼拝再開。
レジデンスビザ保有者の再入国許可。
床屋、ビューティーサロン、スパ再開、但し入店50%制限
40人以下の集会を許可。
職員の80%が職場復帰

第4フェーズ 9/1-
メトロおよびバス運行再開。
全てのモスク再開。
床屋などの50%制限解除
40人以上の集会を許可。結婚式などの大規模イベントを再開。
教育機関再開。
職員の100%が職場復帰。

気になるのは8/1のレジデンスビザ保有者の再入国許可ですが、”感染の低い国・地域から“という条件が付いています。また入国後の隔離措置については詳しく触れられていません。

(追記)
カタール人およびレジデンスビザ保有外国人の再入国に際しては二週間のホテルでの隔離必須として、指定のWebサイトから隔離者用パッケージを予約購入することが義務付けられました。カタール人であっても自宅隔離は認められません。出国時もしくは飛行地においてチェックイン時に予約表の提示が搭乗の条件となります。

以上速報的な感じでお伝えしました。また詳細が分かれば追記したいと思います。

福嶋タケシ

2件のフィードバック