情報収集

最終更新日

アパートから3家族が退出したのが今月初め。そして月末には新しく2家族が転入してきました。

出て行ったのは誰か?そして新顔は?

こういう時、情報を誰よりも早く手にするのは門番です。人の入れ替わりがある度に、世話役でもある彼らに真っ先に連絡が入ることはもちろんですが、状況を詳しく把握しておくために彼らは遠慮なくあれこれ聞くので、とにかく手っ取り早い。

今朝、少し食べ物を持って行ったついでに彼に聞いてみたところ、出て行ったのはエジプト人家族が2軒、いずれも解雇で国へ帰国。もう一家族はヨルダン人、こちらは仕事の都合とかで郊外のとんでもない遠い場所へ引っ越したとか。

そして新しく入ってきたのは、フィリピン人家族とパキスタン人家族。前者はどうやら医療関係者、後者は軍警察あたりだと思われます。この辺の詳細を聞き出すのはアラビア語も英語も不自由な門番にはちと厳しい。

ともかく事情と素性が分かればスッキリします。

この流れから読み取れるのは、やはりアラブ系、特にエジプト人の排除が現実にあることと、その穴を埋める形でのアジア系の増加でしょうか。

在住許可を持つ外国人が再入国できるのは明日から。つまり彼らは既にこの国にそれなりの期間滞在していたということ。色々な規制がまだ続く中で、政府借り上げの住居で移動があるとは思いませんでした。

おかげで妻が「私たちも申請して引っ越しましょうよ」と言い出して、正直ウザいです(笑 自分としては特に不満もなく暮らしている今のアパート。あえて引っ越すことで発生する交渉やら何やらを考えたらうんざりします。それに、新しく入ってきた彼らが、自ら望んで引っ越したかどうかも分からないので、もしかしたらダウングレードでこちらに回されたかもしれないですよね。

ともかく、新しいメンバーとどういう付き合いが起こるのか、少し楽しみでもあり、不安でもあります。

福嶋タケシ