HIAに新しい休憩スペース

最終更新日

Region’s first premium non-traditional lounge at HIA

Gulf Times

ハマド国際空港にトランジット客をターゲットにした新しい休憩スペースが今月より開業するそうです。

今やすっかり有名になったランプベアから目と鼻の先に設置された Sleep ‘n Flyラウンジ では次の二つのサービスが提供されます。

Flex Suite Pods
防音スペースに設置された180度のフルフラットに展開するリクラニングシート。調光可能な照明と読書灯、エアコン、スマホ、タブレットあるいはラップトップを接続できる32インチのスクリーンなどを備えています。スーツケースなどを保管するためのコンパートメントなども。全部で24室。

Sleep Cabins
身長115cm以下の子供用引き出し式ベッドをオプションに備えた4つのダブルダイズベッドが4室。2段式ベッドが9室。

これらのSleep ‘n Flyラウンジは、事前予約が可能ですが、当日飛び込みでも利用でき、料金は1時間単位で精算されるそうですが、具体的な金額については記事では触れられていません。

内観については、冒頭のリンク先記事内に画像がありますので、そちらを参考にしてみてください。

似たような休憩所がタイのスワンナプーム空港内にあり、一度利用したことがありますが、あちらは基本的には”ホテル”という位置付けのため、最短でも6時間からの利用で、15,000円以上するため相当な割高感が。

一方こちらHIAは”休憩スペース”なので、お手頃な価格設定を期待したいところ。通常期のHIAはいつも乗降客でごった返しており、ビジネスクラス用ラウンジも満席のことが多いので、多少の料金を払っても確実にのんびりできるスペースが新たにできるのは嬉しいですね。

参考リンク:Airport Dimensions社

福嶋タケシ