モスクの撮影

最終更新日

日本のどこかのモスクで撮影に絡んだトラブルがあったとか。面倒なので詳しいことは調べていませんが、モスクに限らず宗教施設のような場所では事前の撮影許可申請は必要でしょう。仮に個人的に撮影したいケースであっても、その場の責任者に一声かけるのは、国が違えど常識の範疇だと思います。

件のトラブルでは撮影に関して合意があったのかどうかは分かりません。ただ、責任者との合意があっても、礼拝に訪れるのは一般人です。大勢やってくるどこの誰かもわからない礼拝者一人一人に、撮影に関して注意喚起をすることは難しいでしょう。

遥か昔の話ですが、日本のとあるモスクにテレビ局の取材が入る場面に出会したことがあります。もちろんモスクを管理する責任者に撮影の趣旨説明や許可申請は行われていたはず。

当日は金曜日。正午前に大勢の礼拝者がいる中、モスクに入ってすぐ推奨の礼拝を始めた一人の外国人。彼が礼拝の動作の一つであるお辞儀をした時、カメラマンがその顔の下にカメラを突っ込みました。礼拝者の前に立つことはもちろん横切ることもNGだということを彼は知らなかったのでしょう。その場は近くにいた人たちがそっと注意をしてカメラマンは謝りながら下がりましたが、こういった「べからず」に関して、責任者はきちんと説明したのか疑問です。

ちなみにカタールではモスクの撮影は原則禁止です。テレビや新聞など公共性の高い団体が撮影する場合は寄進・イスラーム事項省の担当部署に許可申請をする必要があります。

特にグランドモスクは国の管轄となるため、個人的な撮影であっても許可なく行うことはできません。もちろん礼拝に訪れた人がスマホで撮る程度なら見逃しているようですが、警備員の目に留まれば注意を受けますし、撮影を中断することになります。

また外観の写真であっても、無許可で商業利用(広告の背景など)した場合は、ペナルティーを課せられる場合もありますが、厳密に適用しているわけではなさそうです。

私がここに上げているモスクの写真は、そういった許可を取って撮影したものです。

いずれも開業前の撮影。まだ誰も足を踏みれていない一般公開前のモスクの内部を撮影できるのは、フォトグラファー冥利に尽きます。

福嶋タケシ