The Face Shop

最終更新日

韓国発のスキンケアブランド The Face Shop は現在カタール国内に4店舗を展開しています。価格帯としてはミドルレンジ、ハイパーマーケットの化粧品コーナーよりは上だけど、高級ブランドよりは買い易い設定。

毎年、私が日本へ一時帰国するのに合わせて、妻が欲しいというスキンケア商品を買っていたのですが、今年はあれやこれやで予定が立たず。去年買ってきたストックが全て終わってしまい、どうしたものかと思案中。かといって日本から取り寄せるには送料の高さや、リキッド製品の輸送の制限などもあって難しい。

今後もこういった状況の急転で手に入らないモノが出てくるでしょう。そのためには現地で手に入れられるものは出来るだけ現地で調達するのが理想。幸いここ数年でモールの数も随分増え、ダイソーや無印良品などの日本企業も進出しています。

昨日ぶらりと訪れたモールで見つけたThe Face Shop。ちょうどセールをやっていたので幾つか試しに購入。洗顔フォームとクレンジングオイルはセール対象品ではなく定価でした。それぞれ40リヤル(1,200円)と80リヤル(2,400円)と手ごろな価格。マスクは3割引き。使い心地が良ければリピートする予定です。

帰りに妻が「こういうお店、日本からは出てこないよね」と。日本でスキンケア商品といえばドラッグストアが扱っていることが多く、ワンストップで何でも揃う利便性が魅力ですが、海外に出るとなると「何でも屋」的な商売はブランディングという点においては不利。「○○ならあのお店」という立ち位置を確保しなければ、わざわざ足を運ばなくても「別の店でも売っている」からとそっぽを向かれてしまいます。

日本にはプチコスメという強いカテゴリがありますよね。ダイソーではそういった商品がよく売れると聞いたことがあります。日本から特定のブランドが店を出せば人気が出ると思うのですが、色々と障害が多いのがネック。怪しいコンサルタントを通さずに現地企業や個人と直接やりとりできるのが理想とはいえ、言葉や法律などの問題も大きいです。

しかし、韓国をはじめとする各国の企業が出来て日本にできないはずはありません。やらないだけ、と言ったら生意気なことを言うなと叱られそうですが、国外市場への視野拡大は待ったなしではないでしょうか?

福嶋タケシ