お得なバウチャー

最終更新日

最近の我が家はちょっとしたカフェブーム。

週に何度か午後から仕事のない日にモールへ出かけては、カフェでアイスラテなどと一緒に軽食を楽しんでいます。

こちらは先週Mokarabiaで飲んだエスプレッソのオレンジソーダ割り、不思議な味で楽しめました。

いつも違うカフェに行くのですが、選択基準の一つに「バウチャーが使える店」というのがあります。いわゆる割引クーポン。年に一度、アプリから購入すれば、対象店舗で様々な割引が受けられるというものです。殆どは”二人で行けば一人分無料”というタイプ。

この手のバウチャーアプリには、老舗のEntertainerを始め、MybookUrban Pointなどがあります。

我が家は毎年Entertainerを購入。10月頃に翌年分が発売になります。1冊当たり1万円くらいしますが、早めに買えば安く手に入ります。だいたい2割引きくらいですかね。

あと銀行から顧客向け特典としてMyBookが配布されていて、そちらにしかない店舗もあったりするので便利に使っています。こちらは来年以降も使えるのかどうか不明。なにせ無料でもらったものなので、有料版に比べると選択肢が若干少なめです。

バウチャーが真価を発揮するのはカフェよりもホテルなどのビュッフェ。現在は食べ放題というスタイルに変わっていますが、一人分の価格が高いだけに半額になるのは魅力的で、2、3回使えば元を取ることができます。

春以降には飲食店の店内営業停止などを受け、宅配でも割引が使えるように対応。アプリなので状況の変化にも強いですね。昔のような紙の印刷物だとこうはいきません。

規制緩和も予定通りの4フェーズを終え、飲食店にも活気が戻りつつありますが、経済対策という名目での一時的な給与減額などで消費者の財布の紐もキツくなっているのが現状。宅配アプリを含め、様々な方法で生き残りを模索しているようです。

福嶋タケシ