お国はどちら?

最終更新日

10月に入ってから、肌に当たる空気が柔らかくなった気がします。

特に早朝や夕刻の穏やかな風に吹かれていると、ようやく夏が終わるのかとホッとした気分に。

最近はアパートの近所をウォーキングするのも飽きて、車で少し離れた公園まで出かけるようになりました。そして、週末になるとドーハの街を飛び出して、北へ西へと海を求めて車を走らせています。

浜辺で波の音を聞きながらスイーツを食べるのが定番の我が家。先週も家の近くに見つけたシリアスイーツのお店で、クナーファを500g買って持っていくことに。この日は店に足を運んでまだ2度目だったのですが、店員から「お国はどちら?」と尋ねられました。

「どこだと思う?」と聞き返すと、案の定「インドネシア?中国?」という回答が。彼らにとって身近なアジア系なのでしょう。あまり時間もなかったので「日本人だよ」と答えたら、店内にいた全員が「えぇっ!」と大声を上げて驚きます。

「何年住んでるの?」「20年くらいかな」でまた驚きの声があがります。

そして精算時に店員の一人が「車の中に誰かいるんですか?」と聞いてきたので、おかしなことを聞くなと思いながら「妻が待ってる」ことを告げると、「これ、どうぞ」と小さなスイーツを二つオマケしてくれました。

あぁ、これからこの店の前を通るたびに声かけられるんだろうなぁ。

近頃はあまり”日本人としての自分”を意識する場面がなかったので、ちょっと新鮮な気分になりました。特に洋服姿の時にこういった質問をされることは珍しいのでビックリ。恐らくアパートのあるエリアでは東アジア系の男性を見かけることがほぼないのも理由でしょうか。

いずれ民族衣装で店に顔を出す機会も来ることでしょう。その時の店員の反応が今からちょっと楽しみだったりします。