美味しいを探して

最終更新日

我が家では以前からレストラン情報は Zomato というインドで2008年に起業したアプリを利用していました。

ところが、最近はどうも情報の鮮度が落ちていて、特に新規に開業した店の情報が全く見つからないことが多くなっています。

元々インド国内では「フードデリバリー」アプリとしてスタートしたZomatoですが、カタールに上陸した時点では「レストラン情報検索」アプリという位置付けでした。当時はまだ宅配サービス事業などが存在していなかったためです。

数年前からバイクによるデリバリーサービスを提供する企業がいくつか現れ、Zomatoもそういったサービスとの提携や、Entertainerのような2in1バウチャーサービスが受けられる有料会員制度を始めます。そしてコロナでフードデリバリーが一気にトレンドセッターとなった今年、本来の姿である宅配事業に力を入れるのですが、時既に遅しでTalabatCarriageといった先行サービス企業からシェアを奪えないまま、いつの間にかアプリからオーダー機能や有料会員制度が消えていました。

近頃では新しいレストランの情報はインスタグラムFacebookで知ることが多くなり、場所や評価といった詳細をグーグルマップで調べるという流れになっています。

3月から7月にかけての飲食店に対する営業停止措置などの影響から、閉鎖や入れ替わりが激しく、店舗による登録や修正だけでは追いつかないのが現状なのでしょう。加えてこの経済低迷の時代、広告料で資金を支えるようなビジネスモデルには限界が来ているのかもしれません。