隗より始めよ

最終更新日

湾岸諸国にいる日本人が嘆くことの一つに「ローカルと知り合いになる機会が極端に少ない」というのがあります。

たしかに店員などは皆外国人で、街中でローカルと接触することはありません。

モールに行けば、大勢のローカルがショッピングを楽しむ姿が見られますが、見ず知らずの彼らに声を掛けるわけにもいかないですよね。

職場でも取引相手は実務を担当するエジプト人やスーダン人というケースが殆どで、要職に就いているローカルが直接会話を交わすことはほぼありません。

カタール人の友達の家で行われる夕食会などに、友達が仕事で知り合ったと思しき外国人を連れてくることもあるのですが、私自身、マジリスの誰かが日本人を連れてくるといった場面に、今まで一度も出会ったことはありません。

私がこの国で暮らしていく中で気をつけているのは、彼らローカルとの関係以上に、彼らの周囲にいる人達のこと。つまり家庭なら使用人や運転手、職場なら給仕といった立場の人達。接触している時間が長いという意味では、実は彼らこそ最もローカルの近くにいる存在なのです。

彼らとの良好な関係を築けるかどうかは、ローカル社会に身を置こうとする者にとって重要案件。彼らは家にやってくる外国人客との間に利害関係などないため、主人に尋ねられたら率直な感想を言ってしまう。気に食わない客なら、あいつはロクでもないと正直に感じたことをローカルである家の主人に伝えてしまうのです。

逆に気に入られると、主人が不在の時でもマジリス(客間)へ入れてくれたり、家の奥にいる主人に連絡を取ってくれたり。もちろん彼らのちょっとした頼み事くらいは快く引き受ける心の広さは必要です。また彼らはほぼ英語が話せないので、アラビア語は必須条件ですが、文法を無視した”なんちゃって”の崩れたアラビア語を理解する必要があります。

日本人はとにかくローカルと仲良くなろうとして、そのことばかりに気を取られ過ぎな印象が。

本当に大切なことはもっと身近にあるのかもしれませんね。