雷雨

久しぶりの大雨。

11時頃にスークのファルコンショップでのんびりしていたら、ドカンと大きな雷が落ち、しばらくしたら雨が降り始めた。

店の中で鷹を撮りながら雨が止むのを待ってみたが、日差しも覗く不思議な天気の割には、一向に収まりそうにない。昼飯の時間に遅れそうだったので、地下駐車場の入り口まで雨に濡れながら移動。

海岸通りへ出たあたりから雨脚が強くなり、5分もしないうちに道路のあちこちに水たまりが。

家に着く直前にはあられ混じりの強い雨となった。

こんな激しい雨は記憶にない。まして、あられなどドーハに17年住んで初めて目にした。

1時間ほどして、想定通りアパートの窓枠から雨が漏れ始める。地下駐車場が気になって降りてみたら、排水口が水を処理しきれなくなって溢れている。このままだと踝よりも上に水面が届きそうだ。慌てて外へ。あられが気になったら、水没するよりはマシだろうと判断して、アパートの窓から様子が伺える位置に駐車した。

雨は結局15時過ぎまで降り続けた。

翌日の報道によれば、平年の1年分の雨量が1日で降ったらしい。

職場のタワービルは電源が浸水したらしく、殆どのフロアで停電になっていた。

年に何度も雨は降らない国。だから排水設備などにコストをかけずに建てる。

大雨が降ると騒ぎにはなるが、それとて数日のことだ。

しかし、2022年のワールドカップで今回のような大雨が降ったら、そうも言っていられないだろう。

 

ドーハメトロ

来年初頭までには開通予定のドーハメトロ。

初乗り運賃が2リヤル(約60円)に設定されることになったらしい。

現在全人口の1%に満たない「公共交通機関利用者」を20%にまで引き揚げること、交通量を半分にすること、が目標として掲げられている。

駅から自宅までのラストワンマイルをカバーする手段としては、先週タクシー会社カルワとの「割引料金」などの協業も発表された。

 

Doha Metro to offer cheap rides, starting at only QR2! (from “I love Qatar”)

U-23 アジア選手権

ドーハで12日から開催される「U-23アジア選手権」。これはリオ五輪の出場枠を賭けたアジア予選も兼ねている。

先週から各国のメディア関係者も大勢ドーハ入りしているようで、街中でレンタカーを見かける頻度が増えたように感じる。
正直言って、彼らの運転は恐い。なれない道路事情ももちろんだが、ゆっくり走ることが安全運転だと思い込んでいる節があり、非常の飛ばすカタル人たちの運転に慣れてしまった身には、リズムが合わずにイライラさせられる。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/japan/2016/u23_fixtures_results/index.html

試合の方は、16:30始まりと19:30始まり(いずれもドーハ時間)の二試合。日本戦は全て前者が割り振られているが、これはスポンサーとなっている日本メディアの影響だろう。こちら時間で16:30は日本なら22:30。週末なら寝ずに観ようかという人も多いに違いない。
残念ながらメジャーなスポーツは放映権という旨味から、メディアの言いなりになってしまっている部分が少なからずある。
当地では日没は17:00。ちょうど礼拝の時間と被る。もちろんハーフタイムに済ませることは可能だが、当然混雑が予想される。気候の良い時期だから、午後の早い時間帯でも試合は出来るはず。もう少しなんとかならなかったのだろうか。

Scroll to top